※破産法の定める破産手続きした者に義務付けられた点に違反

-

-

免責不許可事由は自己破産手続きの申立人に対しこれこれの条件にあたっている場合は債務の帳消しを認めませんというような概要を示したものです。仕事 辞めたい アフィリエイト

つまり、お金を返すのが全く行えないような場合でもこの事由にあたっているならばお金の免責が受理してもらえないような場合があるという意味になります。

ですから破産を申告し、債務の免責を要する人にとっての最も重要なステージがいまいった「免責不許可事由」ということになるわけです。

これらは重要な要因となります。

※浪費やギャンブルなどで極度に財産を減じたり巨額の債務を負担したとき。

※破産財団に属する資産を隠しこんだり、毀損したり、貸し手に不利益に譲渡したとき。

※破産財団の負債を虚偽に増やしたとき。

※破産に対して責任を持つのに、特定の債権を持つものに一定の有利となるものをもたらす目的で金銭を譲渡したり、弁済前に弁済したとき。

※ある時点で返せない状態にあるのに、事実を偽り債権を持つものを信じさせて継続して借金を提供させたり、クレジットカードを使って品物を購入した場合。

※虚偽の貸し手の名簿を裁判に提示した場合。

※免責の手続きから前7年のあいだに返済の免責を受けていた場合。

※破産法の定める破産手続きした者に義務付けられた点に違反する場合。

上記のポイントにあてはまらないことが条件とも言えるものの、これだけを見て実際の例を思い当てるのは多くの経験がないなら簡単なことではありません。

さらにまた、頭が痛いのは浪費やギャンブル「など」と書いていることにより分かると思いますがギャンブルといってもただ具体的な例のひとつというはなしでこれ以外にも具体的に述べていないことが非常に多いというわけです。

具体例として述べられていない場合は各パターンを言及していくときりがなく具体的な例を言及しきれないときや、判例として残っている裁判に基づく事例が含まれるのでひとつひとつの場合においてこれに該当するかどうかは法的な知識がない方にはなかなか判断が難しいことがほとんどです。

まさか自分が事由になっているなんて夢にも思わなかった場合でも免責不許可という判断をひとたび出されてしまえば、判断が無効になることはなく返済の義務が残るだけでなく破産申告者としてのデメリットを7年にわたり負うことになります。

ということですので、免責不許可のぜひとも避けたい結果を防ぐために自己破産を検討する際にわずかでも理解できない点がある場合、どうぞ経験のある弁護士にお願いしてみてください。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.equinoxmalegrooming.com All Rights Reserved.